写真・デザイン・イメージ制作まるちimage
まるち話
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

フォトグラファーとライター、取材はいろいろ詰まったお仕事

まるちimage+デザイン・写真・イメージ素材 »まるち話 目次 »

写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

フォトグラファーとライター、取材はいろいろ詰まったお仕事

2016年06月28日(火)

もう十年以上も過去のことです。自分は新潟県のある情報誌のライターとして、取材のお仕事をしていた時期がありました。

そのときはライターですから、お話を伺ってそれを文章にする仕事。そして、取材時には文章を書くライターの自分と、写真を撮る専門のカメラマン(フォトグラファー)さんがいました。分業だったのです。

今は取材中にお話も伺って文章も書きますが、写真を撮ることが主な仕事。十年以上の時を経て、自分の仕事も変わりました。

というか、取材といっても文章を書くことと写真を撮ることでは、何かとちがうため戸惑ってしまう自分。

それはさておき、取材のお仕事なのですが、自分は結構向いているかもしれません。

と、いいましても、取材中、常識のない自分は何か失礼なことも言ってしまいましたし、至らないところはたくさんあります。取材の仕方は上手とは言えません。

だけど、自分は文章を書くことは好きだと気付きました。それになんだかんだと楽しい。

自分は人見知りで口下手ですが、自分で思っていたよりも、それなりに会話もできました。

会話というより取材時の自分は聞き役ですから、ちゃんとお話を聴いて、相応の反応を心掛けていただけかもしれません。それに仕事だから、お相手の方が大人な対応をしていただけたことが大きいのではないでしょうか。だからできたと思うのです。

文章を書くライターも写真を撮るカメラマン(フォトグラファー)も、今まで自分がしてきた取材は、お相手の力のおかげでできました。自分の力はほんの少しだけ。自分のしていることは小さいけれど、いろいろなことがたくさん詰まった楽しいお仕事だと自分は思うのです。

言葉・取材・文章を書くこと

文を書く

取材ノート

顔文字を使うとき

コツを掴んだヒントはぷりぷりのエビ+目指せ天然水

丁寧な言葉を使うことは難しい

ぎっしりびっしり隙間なく詰まった小さな文字

「書く」ということ

制作願望+雑誌取材と写真効果

雑誌取材の経験とWebサイト制作

取材ノートをビリビリ破ってシュレッダーな気持ち

ライターとして記事を書いた捨てられない月刊誌 古くても制作実績の雑誌

ブログの更新を毎日続けられるかもしれない方法

文章は誰でも書ける、書く機会は増え身近になった文章

広いテキストエディタでのびのび文字入力

記事の何が本物?どこまで本物?+オリジナルとリライト

昔の辞書に載っていない「食感」という言葉

くだもの狩りで文章を組み立て、後にぶどう狩り体験

原稿用紙はつるつるすべすべなお肌のような紙でできている

栗の形とケーキ屋さん取材のモンブランケーキ

原稿用紙の基本ルールなど原稿用紙の使い方

記号の呼称(原稿用紙の使い方に書いてあった)

ライター時代に聞いた話「これでいいと思っていない」ラーメン屋さん

まだるい・まだるっこい、響きがかわいい言葉と思う

すっきり、あっさり、テンポ良く!そんな文章を心掛ける

軽く、ぽんっ!と書けたらいいけど文章は奥が深い

フォトグラファーとライター、取材はいろいろ詰まったお仕事

形があるようでない文章の面白さと難しさと書く自由

あじさい越後丘陵公園2020年六月

20200624-1793 あじさい 越後丘陵公園

まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作
みつけイングリッシュガーデン2023年五月

20230531-3637 みつけイングリッシュガーデン

まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作
みつけイングリッシュガーデン2023年五月

20230531-3593 みつけイングリッシュガーデン

こちらの写真を「写真素材」として提供しています。写真素材の案内とお申込みの詳細はこちら »

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作

--------- 広告はじめ ---------

--------- 広告終わり ---------

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作