写真・デザイン・イメージ制作まるちimage
まるち話
写真・デザイン・イメージ制作まるち
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

形があるようでない文章の面白さと難しさと書く自由

まるち+デザイン・写真・イメージ素材 »まるち話 目次 »

写真・デザイン・イメージ制作まるち

形があるようでない文章の面白さと難しさと書く自由

2017年04月16日(日)

文章を書くとき、頭の中にあることを、それはもう適当に書き出してみる。

そして、書き出すだけ書き出してみたら、読み返す。何かヘンだと思ったら、そこに手を加える。

余計な一言を削除することで、テンポが良くなり、読みやすくなるかもしれません。

新たに文章や言葉を追加をしたり、言葉を変えてもいいでしょう。

あるいは文章の中にある言葉の位置を前に持って来たり、後ろに持っていく。

そのように手を加えていると、それまでは適当だった文章に少しまとまりが出てくると思うのです。

文章がまとまってくると、読みやすくなると思いませんか?

言葉を探して選んで、粘土をこねるように組み立てながら文章の形を整える。

文章は粘土遊び。文章はパズル。文章は形があって形のないもの。文章は正解があるようで正解がないもの。文章はスライム(slime)。文章はわけがわからないもの。

だから難しい。そして面白い。何より自由。書くことは楽しいのだ。

花越後丘陵公園2017年五月

20170519-3151 越後丘陵公園

まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作
藤越後丘陵公園2017年五月

20170519-3147 藤 越後丘陵公園

まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作
木香薔薇 越後丘陵公園2017年五月

20170519-3176 木香薔薇 越後丘陵公園

こちらの写真を「写真素材」として提供しています。写真素材の案内とお申込みの詳細はこちら »

言葉・取材・文章を書くこと

文を書く

取材ノート

顔文字を使うとき

コツを掴んだヒントはぷりぷりのエビ+目指せ天然水

丁寧な言葉を使うことは難しい

ぎっしりびっしり隙間なく詰まった小さな文字

「書く」ということ

制作願望+雑誌取材と写真効果

雑誌取材の経験とWebサイト制作

取材ノートをビリビリ破ってシュレッダーな気持ち

ライターとして記事を書いた捨てられない月刊誌 古くても制作実績の雑誌

ブログの更新を毎日続けられるかもしれない方法

文章は誰でも書ける、書く機会は増え身近になった文章

広いテキストエディタでのびのび文字入力

記事の何が本物?どこまで本物?+オリジナルとリライト

昔の辞書に載っていない「食感」という言葉

くだもの狩りで文章を組み立て、後にぶどう狩り体験

原稿用紙はつるつるすべすべなお肌のような紙でできている

栗の形とケーキ屋さん取材のモンブランケーキ

原稿用紙の基本ルールなど原稿用紙の使い方

記号の呼称(原稿用紙の使い方に書いてあった)

ライター時代に聞いた話「これでいいと思っていない」ラーメン屋さん

まだるい・まだるっこい、響きがかわいい言葉と思う

すっきり、あっさり、テンポ良く!そんな文章を心掛ける

軽く、ぽんっ!と書けたらいいけど文章は奥が深い

フォトグラファーとライター、取材はいろいろ詰まったお仕事

形があるようでない文章の面白さと難しさと書く自由

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作

--------- 広告はじめ ---------

--------- 広告終わり ---------

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作