まるち話
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

原稿用紙の基本ルールなど原稿用紙の使い方

まるちimage+デザイン・写真・イメージ素材 »まるち話 目次 »

写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

原稿用紙の基本ルールなど原稿用紙の使い方

2014年10月01日(水)

タイトルの書き方
おおむね二行目の初めから四ます目位のところから書く。タイトルは大きく見やすく書くのが基本である。タイトルが長い場合は、二行にわたって書いても良い。

氏名の書き方
おおむね三行目の下のほうに氏名を書く。氏と名の間は一字あけるようにする。名前の最後の文字はいちばん最後のますまで書くのではなく、一ますか二ます位、あけるようにする。

基本ルール
ますの中に一字を書くのが原則である。書く字はだれにでもわかるような字体で書く。あまりくずした文字は書かない。 文章の書き出しは、一字さげて書く。また段落、項、章などの書き出しも一字さげるのが原則である。 句読点、()、「」、もおのおの一字分として書く。句読点は、行頭につけないようにする。文の区切りが最行末になり、「、」や「。」がはみ出してしまう場合は、行末のますの右下に書く。

原稿用紙のとじ方
字の書いてある方を表にして二つ折りにし、縦書きの場合は右側、横書きの場合は左側を、ホッチキス、糸等でしっかりとじる。また、原稿ナンバーもページごとにつける。

訂正の方法
赤字で訂正せず、原稿で使用した筆記具を使い訂正する。消すときは=で消し、その右側(横書きでは上側)に、正しい文字を書きこむ。文字を追加及び挿入する場合は{を使いその右側に(横書きでは上側)付け加える文字を書こむ。

デザイン専門学校時代に購入した原稿用紙のパッケージに「原稿用紙の使い方」が書かれておりました。小学校の国語の授業で習ったことです。

しかし、改めて読んでみましたら、忘れていたことがありました。昔と今ではちがうかもしれませんが、参考になると思い、残しておきます。

越後丘陵公園2022年五月

20220519-1720 越後丘陵公園モッコウバラ

まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作
みつけイングリッシュガーデン2022年四月

20220420-8256 みつけイングリッシュガーデン

こちらの写真を「写真素材」として提供しています。写真素材の案内とお申込みの詳細はこちら »

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作

--------- 広告はじめ ---------

--------- 広告終わり ---------

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作