まるち話
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

初夏のいちごはぴちぴちっ!つやつや。苺の旬は冬じゃない 苺の旬は冬じゃない、露地栽培の畑の旬のイチゴは太陽味がする

まるちimage+デザイン・写真・イメージ素材 »まるち話 目次 »

写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

初夏のいちごはぴちぴちっ!つやつや。苺の旬は冬じゃない

2012年06月06日(水)

今年の取れたていちごをいただきました。ちょうどおやつの時間の三時頃。冷蔵庫で冷やしておいた今年のいちご。

その日のお天気は晴れ。窓を開けて風通しを良くしていたおかげで、ほどよく風も入り過ごしやすい気温ではありました。けれど、さすがにお昼を過ぎた午後三時頃は気温が高めです。少しだけ暑くなってきて夏の訪れを感じる気温。

そのようなとき、冷えたいちごを頬張ります。いちごを体内の取り込むことにより、ほどよく体温調節がされる気がします。体の内側から少し涼しくなった感じ。ほどよく水分と栄養が吸収されるおかげでしょうか、なんとなく、シャキンッ!としてきます。なんとなく、お肌もぴちぴちになってくれそうです。なんて素敵ないちご効果。

そう。いちごは、初夏の今が旬な食物だと思います。と言っても、開花時期が異なる桜のように、地域により旬の時期は前後すると思います。けれど、世間ではいつの間にか冬の果物になっています。それはハウス栽培をされたいちごなのに。それの何が旬なの???

ハウス栽培のいちごを否定するつもりはありません。けれど、気温や天候、日照時間に左右されながら実るいちごで育った自分にとって、ハウス栽培のいちごの味に少し違和感を感じてしまうのです。見た目の形もきれいに整っていて、おいしいかもしれないけれど、いちごとしての味が平たいというのでしょうか。

なんといっても、太陽の味がしない。

太陽の味とは何ぞや?という疑問が湧いてくるかもしれません。太陽の味と言いつつ、自分でもその説明ができなかったりします。ただ、味に深みがあるみたいで、ぴちぴちつやつや、いちごの輝きが違うような気がしてなりません。そう思うのは自分だけかもしれませんけれども。

2012年5月30日(水曜日)制作いちご

イチゴを持った女の子のイラスト。イラストレーターのソフトで描きました。

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作

--------- 広告はじめ ---------

--------- 広告終わり ---------

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作