まるち話「ぎっしりびっしり隙間なく詰まった小さな文字」デザイン、写真、イメージ製作まるちimage

読んでもらうための改善や工夫は広告だけではありません

まるちimage
まるちimageまるち話

ぎっしりびっしり隙間なく詰まった小さな文字

Create+ものづくり:2007年11月6日(火)

新しいクレジットカードが届きました。ご利用規約の書かれている小冊子がカードと同封されています。そして、小冊子を開いてそこに並んでいるこれまたぎっしりびっちり隙間なく詰まった小さな文字を見た途端、反射的にパタッと閉じてしまった自分であります。

あれをまともに読む人は果たしてどれくらいいるのでしょうか?調べたことはないのでわかりませんけれども、クレジットカードの利用者側がきちんと読む必要のあるものなのに、読む気がしないのは自分だけではないと思います。

カード発行会社さんは、読む人のことや読みやすさを考えていないというか、利用者側に読んでいただこうと思っていないのではなかろうか?と自分はそのように思ってしまいます。こんな自分は意地が悪いのかもしれませんが。

ウェブサイトを作るときに「使いやすさ」を考えているウェブページのほうが、印刷物よりも「読みやすさ」をきちんと考えているのではないでしょうか。ウェブよりも印刷物のほうが歴史も長く、ある程度の形ができあがっていてこれでいいと思い込んでしまい、その形から外れることを拒んでいるのではないだろうか?と世間知らずの自分は思いました。

ちなみに自分は印刷物を否定するつもりはありませんし、印刷物とウェブを比較するつもりはありませんし、難しいことはわかりません。そのようなことではなくて、ウェブのほうが大勢の意見を取り入れやすく、それらを反映しやすい仕組みだと思うのです。だから成長も早いことでしょうし、ある意味ではお手軽さもあると思いました。

ウェブは便利ですが、「読む」場合は、やはり本のほうが何倍も読みやすいと自分は思います。最近ではウェブでニュースを読むことが自分は多くなりました。だけど、紙の新聞を読むときはじっくりと読もうとしますし、しっかり頭に残るような気がします。これもまたおもしろい現象かもしれません。

越後丘陵公園八重桜2018年四月

当サイト内のコンテンツ(文章、写真やイラストカットなどの画像、素材、FLASH)の著作権は作者に帰属しております。無断掲載、無断利用、コピー、複製、二次利用はお断りいたします。

まるちimageまるち話
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作