まるち話「書く」ということ デザイン、写真、イメージ製作まるちimage

文章を書くことで自分の中のバランスを保ち、冷静に見て考えることができる

まるちimage
まるちimageまるち話

「書く」ということ

Write+文章書き:2008年1月8日(火)

ブログでも何でも、「書く」ということは理由や目的があるのかもしれません。それは人それぞれだと思います。

書くことは「自分の中でバランスをとる運動」と、ある方の文章の一部にありました。

なるほどと自分は思います。自分にとってこのブログを書くことは、自分の中でバランスを保つために書いているところが大きいため、納得してしまいました。

一年半だけですが、ブログを毎日更新していた時期があります。その間は毎日更新をすることのしんどさを思い知りました。毎日更新を止めて自分の場合はラクになったところもありますけど、同時に良くないことも多かったかもしれません。ひどいマイナス思考に陥りました。

ブログというかウェブサイト運営そのものが、不特定多数の人にご観覧いただくものだと思います。誰が何の目的でそのブログやサイトを観覧するのかはわかりません。いろんな人がいて、人それぞれの考え方があり、全ての人に気に入っていただけるものではないと思います。

だから、いろいろと注意が必要なこともあるのではないでしょうか。自分の場合はできるだけ誤解をされないように、なるべく過激な表現をしないように、第三者に迷惑をかけないようにしているつもりです。自分にとってそれは外側に目を向けることでもあります。

そのようなことを心掛けて文章を書くことが、自身の中のバランスを保つことにつながっていると自分の場合は思うのでありました。

まだまだ未熟なため上手くできていないことも多いと思います。だけど、ブログの毎日の更新を止めたとき、自分はそのバランスを保つことができていなかったのかもしれません。

自分の中でバランスを保つことで物事を冷静沈着に見ることができると思いますし、バランスを保っているから熱くなれるのかもしれないと自分は思います。

「書く」ということは簡単なようで、でも難しい。そして、奥が深く、正解がない。「書く」ということとどのように付き合えばいいのかわからないときもあって厄介なものだと自分は思います。だけど、おもしろさもある不思議なもの。

自身がほどよいバランスを保てるように書く今日この頃あります。

越後丘陵公園バラ2018年六月

越後丘陵公園、朝の光を浴びているようなピンク色のバラ

当サイト内のコンテンツ(文章、写真やイラストカットなどの画像、素材、FLASH)の著作権は作者に帰属しております。無断掲載、無断利用、コピー、複製、二次利用はお断りいたします。

まるちimageまるち話
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作