写真・デザイン・イメージ制作まるちimage
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作

まるちimage トップページまるち話 目次

まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作
イラストレーション

制作工程 ビジュアル(視覚)デザイン〜イラストレーション

ビジュアル(視覚)デザインとは、絵、イラストレーション、写真、コンピュータグラフィックスなどの視覚的な表現で伝達することを目的としたデザインの総称をいいます。

イラストレーションといえば、普通の毎日の中でお目に掛かることも多いのではないでしょうか。文章だけでは伝わりにくいとき、文章では伝えることが難しい場合にイラストレーションは便利で有効な手段だと思います。そのイラストの雰囲気によるところもありますが、イラストが入っているだけで、そのページの中の雰囲気も変わってきます。メインとしてのイラスト、挿し絵としてのイラストもあり、イラストにもいろいろな使い方があるかもしれません。

イラストレーションは画風というかタッチがあります。そして画材が異なれば仕上げの雰囲気もまた変わってきます。仕上がりをイメージしながら、どのような画材を使って、どのような画にするのかを考えます。

誰に訴えるのか、印刷物、Web、屋外広告なのか、広告なのか案内なのかと、どのようなところで使用をするイラストなのか、媒体によりイラストの表現や描き方は変わってきます。あればいい、何でもいいというものではありません。

点線
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage
写真

制作工程 ビジュアル(視覚)デザイン〜写真

視覚的な表現で伝達することを目的としたデザインの一つに写真があります。たった一枚の写真だけで伝わること、伝えられることはたくさんあると思わずにはいられません。

今は携帯電話のカメラ機能のおかげで、写真はお手軽で身近なものになったと思います。企業サイトはもちろん、個人サイトやブログでも写真を見かけることは少なくありません。また、今どきのカメラの性能は向上しているおかげで、そこそこの写真は撮れるかもしれません。なのですが、それでも補正をしたり、多少の加工をすることもあるのではないでしょうか。

何より企業サイト様の場合、商品や製品の写真はクオリティも重要です。きれいで鮮明で歪みのない写真を使いましょう。

写真には撮り方があります。ただ撮影をすればいいというものでもありません。良い写真を撮るにはそれなりの設備と経験がいるのではないでしょうか。時と場合によりますが、写真のプロに撮影をご依頼してみることもいいと思います。同じ商品でも撮り方を変えるだけで、その商品がぐっ!と良くなることもありますから。良い写真を使いましょう。

点線
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage
写真

制作工程 ビジュアル(視覚)デザイン〜動画

写真と同じく、携帯電話のおかげで動画の撮影もお手軽で身近なものになったのではないでしょうか。こちらも視覚的な表現でありますが、伝られる情報の量は、静止画の写真やイラストの何倍にもなると思います。

動画にはカメラで撮影をする動画と、絵を描く動画、アニメーションもあります。アニメーションには2D(平面)のアニメーション、3D(立体)のアニメーション、クレイアニメなどさまざまな表現方法があります。

今はコンピュータでアニメーションを制作することが多いかもしれません。コンピュータのおかげでアニメの制作をしやすくなったところもあるのではないでしょうか。とは申しましても、テレビアニメや劇場用の作品は高度な技術と人材が必要かと思います。そのような高度なものではなく、あくまでもWebを中心としたFlashなどを使用したアニメ。そのようなFlashも随分と増えました。ページの全体、あるいはバナー広告のようにページ内の一部にFlashを使用することがあってもいいかもしれません。

点線
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作

まるちimage トップページまるち話 目次

まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作