まるち話
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

自分を表現するならSNSより自由なホームページ

まるちimage+デザイン・写真・イメージ素材 »まるち話 目次 »

写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

自分を表現するならSNSより自由なホームページ

2013年09月16日(月)

先日、はじめてランチ会というものに参加をさせていただきました。そのランチ会の参加者さんは12名でしたが、皆さん、フェイスブックをしていらっしゃるとか。

ちなみに、参加者12名中、フェイスブックをしていないのは自分一人だけでした。

自分の場合は、デザイン本業のホームページ制作を仕事にしているというのに、フェイスブックをしていないなんて、これは由々しき問題かもしれません。ここでフェイスブックに登録すれば、一気のお友達が11人増える可能性もあります。しかし、それでもフェイスブックをしたいと思わない自分。どこまで捻くれているのでしょうか。

例えば、名刺にウェブサイト(ホームページ)のアドレスが書いてあって、以前ならそこで「すごいですね」みたいなことをおっしゃっていただいたり、後で見ていただけたこともあったのです。そこから何度かメールのやり取りをすることもありました。

しかし、今はウェブサイト(ホームページ)のアドレスを書いてあっても、興味を持っていただけることのほうが少ないかもしれません。興味を持っていただけたとしても、見ていただけていないと思います。ウェブサイト(ホームページ)のアドレスがあっても、何の意味があるのだろう?と思ってしまうほど。

ホームページには、フェイスブックなどのSNSにある、便利な機能や、更新やコミュニケーションのお手軽さがないからかもしれません。何よりSNSのサービスは無料で使えることが多い。無料でホームページを持てるサービスもありますが、ホームページの制作も運営はお金がかかってしまいます。わざわざお金のかかるホームページなんて「もったいない」と思うところもあるのかもしれません。

また、ホームページを制作するにしても複雑でより専門的になっていると自分は思います。簡単に修得することも難しくなっているのではないでしょうか。というか、自分は1996年よりホームページ制作をはじめましたが、今のHTMLやCSSなどが簡単とは思えません。むしろ難しくて、できればコーディングは避けて通りたい作業です。

ホームページは誰でも簡単にできるなどという時代ではないと思います。昔は企業のサイトも個人運営のサイトも、それほどの差はなかったように思います。でも、今はその差もはっきりとしてきたというか、ホームページも差別化されてきたというのでしょうか。自分はそのように思いたくありませんけども。

だからこそ、ホームページを制作することの目的を明確にする必要があると思うのです。あればいいとか、何でもいいとかではなく、一頁ごとに、きちんと考えて丁寧に作る必要があると思うのです。

SNSでは表現のできないものを表現し、ホームページだからこそできる表現をする。そこを提案をしていきたいと自分は思うのでありました。

みつけイングリッシュガーデン2019年五月

20190514-1660 みつけイングリッシュガーデン 花

まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作
みつけイングリッシュガーデン2019年五月

20190514-1801 みつけイングリッシュガーデン チューリップ

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作

--------- 広告はじめ ---------

--------- 広告終わり ---------

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作