まるち話
写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

開いても動かない古いMacとブラウザ 見られないホームページ

まるちimage+デザイン・写真・イメージ素材 »まるち話 目次 »

写真・デザイン・イメージ制作まるちimage

開いても動かない古いMacとブラウザ 見られないホームページ

2013年07月01日(月)

ページは見えても動かないホームページが増えました。

例えば、お気に入りのブログをクリックすると、そのブログのページは表示されます。が、その後、そのページが動かなくなり、スクロールもできないため、ページの下や記事を最後まで読むことができないのでありました。

それは自分が古いMacで見ているために起こってしまうことだと思います。古いブラウザでは、今どきのWebの技術に対応できないことがあります。そして、フリーズのように動かなくなってしまうのでした。それは最近のパソコンでは何の問題もないと思います。だから気付かない人は多いのではないでしょうか。

そんな古いMacを使っているのが悪いのだと言われたら返す言葉はございません。その通りです。なのですが・・・。

アフィリエイトの広告、SNS、ツイッター、フェイスブックなどと連動するリンクボタンが設置してあるパソコン用のウェブサイトやブログを見かけます。また、YouTubeなどの動画を貼付けているページもあります。それらを目にすることが多くなったと思いませんか?それは今にはじまったことではなく、数年前からの傾向だと思います。珍しいことではありません。

しかし、それらが一つの原因と思われます。それからCMS等のシステムも関係していると思います。他にも原因はあると思いますが、古いブラウザではホームページをまともにみることができなくなってきているようです。

ブラウザが対応できていないためにスクリプトを読み込めないとか、エラーになるとか、読み込みの停止をしてくれるのならいいのですが、ずっと処理中のまま動いてくれません。それが困るのです。

それら外部リンクがほとんどないページは、古いMacのブラウザでも普通に見ることができるのです。そのようなウェブサイト(ホームページ)に辿り着くと、安堵してしまう自分。このようなことを思うのは自分だけかもしれませんけれども、普通に見ることができるって、とてもすごいことのように思えてしまうのでした。

そこそこのスペックで、何の問題もなくホームページを見ることができているかもしれないパソコンの環境であっても、マシンには負担がかかっているのではないでしょうか。パソコン本体だけでなく、気付いていないだけで、見ている人にも何らかの負担をかけているように自分は思えてなりません。負担という表現はまちがえているかもしれませんけれども。

より多くの人に見てほしい、たくさん話したい、誘導したい、集客したい、商品を売り込みたい、儲けたいなどの気持ちは理解できます。その気持ちは大事なことだと思います。便利なことや無料なら使ったほうがいいのでしょう。

けれど、自分がウェブサイト、ホームページを制作するときは、見る人と使う人の負担を少なくするようにしたいと思っています。できるだけシンプルに。誰でも普通に使えるように。

みつけイングリッシュガーデン2019年五月

20190514-1684 みつけイングリッシュガーデン チューリップ

まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作
越後丘陵公園2017年六月

20170628-5143 クローバー

こちらの写真を「写真素材」として提供しています。写真素材の案内とお申込みの詳細はこちら »

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作

--------- 広告はじめ ---------

--------- 広告終わり ---------

まるちimage+写真・デザイン・イメージ制作
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作