夏のアイス、暑いときの氷菓はおいしいけれど、気温によっては寒くなる

ガリガリと新たな発見 まるち話デザイン、写真、イメージ制作

まるちimage
まるちimageまるち話

ガリガリと新たな発見

2012年08月04日(土)

なんだか暑い日が続いております。今年も無事に夏になってくれてよかったと思うのですが、夏って、こんなに暑いものでしたっけ?夏の暑さが、年々より暑くなっているような気がするのは、自分だけでしょうか。

さて。そんな暑い夏になると、アイスというか、氷菓の「ガリガリ君」がとても美味しく感じます。喉を潤し、ほどよく体の内側を冷やしてくれるみたいで、自分は満足できてしまいます。「アタリ」が出たら、もっと喜びますし。

でも、気温がそれほど高くない日の「ガリガリ君」は、体の内側が冷え過ぎるというか、少し寒く感じてしまうのでした。だから、美味しいと思えないこともあります。

物事は、常に同じに感じるものではなく、外側(環境)と内側(自分)の状況次第で、感じ方はいくらでも変わるものなのかもしれません。その中で、ぐぐぐぐぐっ!と来る瞬間に出会えることは、小さいけれど一つの奇跡といってもいいのではないでしょうか。大袈裟な表現かもしれませんが、かなり微妙なところの、ほんのちょっとした新たな発見との出会いのような気がします。

その時は「このやろー」と思ってしまうような出来事や人だったとしても、別な時には「素晴らしいっ!」と思うこともあるかもしれません。その都度、それ相応に感じ取っていけたら、それでいいのかな?と思うのでありました。

ひまわり越後丘陵公園2018年七月

越後丘陵公園、猛暑の日の午前中に撮ったひまわり。暑さにめげず花開く向日葵。

当サイト内のコンテンツ(文章、写真やイラストカットなどの画像、素材、FLASH)の著作権は作者に帰属しております。無断掲載、無断利用、コピー、複製、二次利用はお断りいたします。

---------- 以下広告 ----------

---------- 広告終了 ----------


まるちimageまるち話
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作