まるち話「背景だって楽しいぞ。背景にはロマンがあるのだ!」デザイン、写真、イメージ製作まるちimage

パターン画背景素材の無料で提供する理由

まるちimage
まるちimageまるち話

背景だって楽しいぞ。背景にはロマンがあるのだ!

2012年04月05日(木)

当サイトにて提供をしているパターン画背景素材。そういえば、自分はなぜこれを制作しようと思ったのでしょうか。

パターン画背景素材 »

それは、自分にも簡単に作れそうだったから、です。それと、おもしろそうだったから。

1994年(平成6年)、自分がはじめて購入をしたMacのデスクトップはパターン画でした。パターン画は全部で8種類だったかな? わくわくしたり、遊び心をくすぐるようなデスクトップのパターン画。日によって、あるいは気分次第で、Macのデスクトップパターン背景を変えていたのです。それが自分はとにかく楽しかった。

古いパソコンを使用している場合はともかく、今はパターン画のデスクトップ背景は珍しいかもしれません。今はユーザーさんが使用しているモニタの大きさと同じサイズの写真やイラストなどをデスクトップピクチャにしていることが多いのではないでしょうか。

それから1996年(平成8年)、自分がインターネットをはじめた春。その頃のウェブページ(ホームページ)は、今とはちがうところも多いのではないでしょうか。回線速度も遅く、現在ほどのパソコンの処理能力はありません。1ページのファイルのデータ量をできるだけ小さくすることが大事でした。1ページを表示するときに時間がかからないよう工夫をすることが求められていたのです。

そのようなときに小さい画像を作り、それをパターンとしてページ全体に並べて配置をし、ウェブページ(ホームページ)にすることがありました。

ウェブページ(ホームページ)の背景にパターン画を配置することは、今もあります。けれど、以前に比べたら少なくなっているかもしれません。いえ、パターンの繰り返し方法が少し増えた分だけ、増えているかもしれません。ただ、自分がフリー素材として提供をしている100ピクセルのパターン画のような背景のウェブページ(ホームページ)は、減っているかもしれませんけれども。

Windows95が発売をされた1995年(平成7年)頃から、インターネットという言葉を耳にすることが多くなったのではないでしょうか。少しずつウェブページ(ホームページ)を作るための本が書店に並び、自分も興味を持ちはじめたのでしたっけ。書店ではウェブページ(ホームページ)の作成方法だけではなく、ウェブページ(ホームページ)に使えるイラストなど無料素材集の本もありました。その本に目を通したとき、これなら自分にも作れる!と思ったのです。MacとPhotoshopも持っていたことですし。

自分にとってMacとPhotoshopは、とにかく楽しくて楽しくて。ただ適当に遊びながら作っておりました。でも、作ったはいいけれど、それをどのように活用してゆけばいいのだろう?という素朴な疑問が湧いてきたではありませんか。

いくら遊びながらとはいえ、自分の中では「このようなときに使おう」とそれなりの目的を持って作っていたのです。しかし、自分にとっての「このようなとき」という場面は簡単に訪れてくれません。日の目を見ることもなかったのです。

そして、時は流れ、数年経過をした後、以前から欲しかったドメインを取得し、自分のウェブサイトを開設。そこで過去の制作物をフリー素材として提供することにしました。

無料ということもあるのでしょう、自分のウェブサイトに掲載をしていたフリー素材を気に入ってくださった方はおりました。実際に、自分の制作物を、その方のサイトで使用していただいたこともあります。また、あの当時は珍しい素材だったからかもしれませんが、雑誌に紹介をしていただいたこともありました。数少ない自慢話。

が、しかし。自分の制作物のご利用者さんたちは、自分の思惑とはちがう使用方法でした。それは悪いことではありません。それより、自分の制作物は、ちょっとダウンロードして、ちょこんっ!と使えるというものではなかったため、一般のご利用者さんにとっては使いづらいところがあったのではないでしょうか。

お手軽で気楽に使える素材とは何だろう?と考えたとき、パターン画のことを思い出しました。あれなら制作者の自分も、ご利用者さんたちにとっても簡単、そしてお手軽。と、いうわけで、それまで掲載をしていた素材を一旦全て削除し、2007年(平成19年)6月頃に、新しく100ピクセルのパターン画背景素材としてリニューアルをしたのでした。

しかし、個人様ご利用限定のフリー素材といえども、所詮は「背景」の素材。主役となるイラストレーションや写真などとはちがうのです。主役どころか、脇役にさえなれない背景。なくても大丈夫なこともある背景です。だから、地味なのでありました。あまり目立たないというのでしょうか。

だけど、その地味なところが自分には合っているのかもしれません。自分は人前に出ることは苦手です。大勢の人から注目を浴び、人前で堂々とした立ち居振る舞いはもってのほか。それよりも目立たない裏方で、こっそりちまちまと作業をしているほうがしっくりきます。だから、自分の場合はそれでいいのだ。

それに、イラストでも写真でも、背景で雰囲気は変わります。そこがおもしろいところなのではないでしょうか。背景があるからこそ、主役となるイラストや写真などが引き立つと思うのです。裏方さんがいるから、主役と脇役を含めた役者さんたちが輝けるわけですし。

そういえば、自分はいつも引き立て役だったことを思い出しました。それで何人の同性(女性たち)に優越感を持たせてあげたことでしょう。地味さ故、人様のお役に立てることがあるのです。背景だけど、良いものをより良く見せること、それなりに見せること、背景次第で変わることもできます。たかが背景かもしれません。けれど、されど背景なのです。

背景にある、おもしろさと楽しさを自分は知っているから背景素材を作ります。そして、背景だからこそ、自由な表現もあると思うのです。それは主役や脇役にはない自由なのではないでしょうか。そのように考えると、自分はわくわくしてしまいます。

そう。背景だって楽しいぞ。背景にだって壮大なドラマはあるのだ。

越後丘陵公園花2018年六月

猫じゃらし(狗尾草)に似ていると思う植物

当サイト内のコンテンツ(文章、写真やイラストカットなどの画像、素材、FLASH)の著作権は作者に帰属しております。無断掲載、無断利用、コピー、複製、二次利用はお断りいたします。

まるちimageまるち話
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作