まるち話「まるちimageウェブサイト(ホームページ)もうすぐ十周年」デザイン、写真、イメージ製作まるちimage

ホームページ制作十六年とMac使用歴

まるちimage
まるちimageまるち話

まるちimageウェブサイト(ホームページ)もうすぐ十周年

2012年01月09日(月)

2012年(平成24年)3月で、当サイトを開設してから十周年になります。

(と、ここで、ドラ○ンクエストのカジノのスロットで、「777」がでたときのファンファーレが聞こえてきたら素敵!と、思う自分。カジノのスロットと十周年では意味がちがうような気もしますが、それは気にしてはいけません。あくまでも自分の好みです。)

ちなみに、自分がデザインの仕事をしたくて、独学でホームページ制作をはじめたのが1996年(平成8年)の春。それから数年後に仕事でweb制作をするようになり、6年後の2002年(平成14年)春に自身のウェブサイトを開設しました。仕事とする以前の時期も含めると、Webに関わるようになって16年といったところでしょうか。

16年。

長いのか短いのかわかりませんが、自分は確実に歳をとりました。16年前、あの頃の自分はまだ若く美しかった・・・。(遠い目)

そして、Webを取り巻く環境は、すごく変わったと思います。「今はこうだけど、あの頃はたったこれだけのことをするのに、これくらい大変だった」、「こんな制約があった」、と、いうこともあります。16年前のお話をしてみたところで、それをわかる人のほうが少ないのではないでしょうか。

ネットの回線速度は速くなり、パソコンの処理能力は上がり、ハードディスクの容量も増え、価格もお安くなりました。

記録メディアも磁気ディスクのフロッピーディスク(floppy disk)、光磁気ディスクのMO(Magneto-Optical disk)、光学ディスクのCD、DVD、Blu-ray Discなどと変わっています。

フロッピーディスクを知らない世代もあるかもしれません。いえ、もしかしたらその次のMOを知らない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

余談ですが、自分はフロッピーディスクの読み書きができるMacを、今も捨てることができないでおります。あれはあれで愛嬌があるというのか、お茶目というのか、今とはちがう魅力があると思うのです。

Macのデスクトップに表示されているフロッピーディスクのアイコンを、ゴミ箱にドラッグをしてフロッピーで出てくるところもおもしろくて。Macのハードウェアによっては、フロッピーディスクが勢いよく出てきて「ぼとっ。」と、落ちたり。

Macはフリーズを含めたトラブルも多かったけれど、その都度本を読んだり、システムフォルダの中や機能拡張、初期設定などいろいろ探って、自分でその解決法を見つけた時のあの喜びと達成感はたまりません。自分がMacをはじめたばかりのころは、一つ一つのことがわくわく楽しくて仕方がなかった。今もその気持ちがあるのか?と訊かれたら、無いような気がします。

特にシステムが大幅に変わったMacOSXになってからは謎だらけ。全く理解できなくなっている頭の弱い自分です。いつの間にか「アップルコンピュータ」さんが、「アップル」と社名変更をしておりました。世間の多くの皆様は期待をされたのかもしれませんが、個人的にはイヤな予感がしたのです。

自分は今も古いMacを使用してお仕事をしております。Macintosh以外のアップル製品に何があるのか、全くわかりません。iPod、iPad、iPhoneの製品名は、なんとなく覚えていられたようなものの、ごちゃごちゃしてます。

今はパソコンだけではなく、携帯電話やスマートフォン、iPadなどのタブレット端末からもネットの接続は可能となりました。技術はどんどんと高度なものになっています。

そして、ウェブサイトの在り方も、いろいろな意味で変わってきたのではないでしょうか。ウェブサイトに限らず、十年の月日が経過すれば、いろいろなことに変化はあるものだと思います。その変化に対応することが大事なのかもしれません。

ちなみに自分は、世の中に対応できていないと実感する、ウェブサイト十周年でありました。

見附イングリッシュガーデン2018年五月

イングリッシュガーデンの鉢植えの植物。

当サイト内のコンテンツ(文章、写真やイラストカットなどの画像、素材、FLASH)の著作権は作者に帰属しております。無断掲載、無断利用、コピー、複製、二次利用はお断りいたします。

まるちimageまるち話
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作