まるち話「Webページの横幅は迷うところ」デザイン、写真、イメージ製作まるちimage

モニタは大きいけどデスクトップ型からノートパソコンに変わっている

まるちimage
まるちimageまるち話

Webページの横幅は迷うところ

Create+ものづくり:2008年10月30日(木)

2008年1月1日(火曜日)にあのYah○o! JAPANさんのトップページがフルリニューアルをされてから一年になろうとしています。細かな変更内容については述べるつもりはありません。が、一つ気になったことと言えば、フルリニューアルをされたことで従来の740ピクセルだった横幅を950ピクセルに拡大したこと。

Yah○o! JAPANさんに限らず、ここ数年の傾向として大手有名企業さんのウェブサイトの横幅が拡大されているかもしれません。しかし、十年以上Web制作に携わってきた自分としては、ウェブサイトの横幅が拡大することに疑問が残るのであります。大きければいいのだろうか?

そのようなとき、2007年の夏にWindows搭載のパソコンについて家電屋さんの店員さんからお話を伺う機会がありました。

なんでもWindowsパソコンの需要と供給の関係で、ノートパソコンが以前よりも売れているためお安くなったそうです。ノートパソコンが高いのは昔のお話。逆に今はデスクトップ型パソコンのほうが売れないため、デスクトップ型パソコンが高くなる傾向にあるとか。今の一般のWindowsユーザーさんはお安くなったノートパソコンをお買い求めになるということのようです。

それから時は流れ2008年には低価格のミニノートPCが登場しました。しかも2008年8月現在では、国内のノートパソコンの販売台数のうち約20%がミニノートPCなのだとか。

ミニノートPCとは「液晶パネルのサイズが10型以下から10型前後、価格は10万円以下か10万円前後、OSはWindowsかLinuxのどちらかでモバイル向けCPUを採用したもの」をいい、その名の通り小さくて軽くできています。但し、インターネットやメールを中心とした用途のために作られたパソコンのため、処理能力や拡張性や液晶パネルの性能などで高いパフォーマンスは望めません。が、サブマシンとしては必要十分な機能と性能が備わっているため、モバイル中心の作業を行うには問題はないとのことです。
(価格.comマガジン「特集056-1 ミニノートPC比較大図鑑」より抜粋)
 http://kakaku.com/magazine/056/p01.html

そういえば今どきのデスクトップ型パソコンをご利用の皆さんのモニタは17インチが多いのでしょうか?21インチのモニタをご利用者さんも多いかもしれません。いえ、それ以上の大きなモニタをご利用者さんも多いことでしょう。以前に比べたらモニタも随分とお安くなりましたし、大型化しているかと思います。だからウェブサイトの横幅が拡大される傾向にあるのかもしれません。

が、しかし、現実としてはモニタ画面の小さめなノートパソコンが売れていたり、更にはミニノートPCなどの登場がありました。メインでミニノートPCを使うことは多くないかもしれませんが、小さな液晶モニタでのWebの観覧は増えているのではないでしょうか。

以上のことを考えるとWeb制作屋としては、Webページの横幅を拡大することについて「それでいいのか?」と迷わずにはいられません。

自分としては大き過ぎないほどほどの横幅がいいと思いますので、Webページの横幅サイズは800ピクセル以下をおすすめします。ちなみに横幅サイズを750ピクセル前後で制作をすることが私は多いのです。多くのご利用者さんに馴染みのある横幅サイズなのではないでしょうか。しかし、人それぞれで考え方はちがいますし、Webサイトの内容によるところもあると思います。ほどほどの横幅がどれくらいなのかは、その都度ご依頼主様と相談をすることになるでしょう。

見附イングリッシュガーデン2018年五月

イングリッシュガーデンの木のお花。ナナカマド(七竃)

当サイト内のコンテンツ(文章、写真やイラストカットなどの画像、素材、FLASH)の著作権は作者に帰属しております。無断掲載、無断利用、コピー、複製、二次利用はお断りいたします。

まるちimageまるち話
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作