まるち話「安いプリント代の落とし穴」デザイン、写真、イメージ製作まるちimage

写真のプリントはお店によって仕上がりにちがいが出ることもある

まるちimage
まるちimageまるち話

安いプリント代の落とし穴

Create+ものづくり:2005年8月25日(木)

貯まったポイントを金券に交換できるアンケートサイトにいくつか登録しております。その中のアンケートで「あなたがよく使うカメラは何ですか?」というアンケートがありました。ほとんどの方は予想できると思いますが、1位はデジタルカメラ、2位は携帯電話のカメラでした。

時代の流れからいって当然といえば当然のことなのですが、フイルムカメラはどんどん出番が少なくなっています。カメラ売り場店頭のフイルムも少なくなってきました。代わりにCD-RやDVD-Rなどの記憶メディアが増えています。世の中は確実にデジタルに変わっているんだと思う瞬間です。

しかし、自分は時代に反して今もフィルムカメラを使用。デジタルカメラは欲しいのです。今の自分の稼ぎでは無理なので、宝くじ一億円があたれば迷わず余裕でデジタルカメラは買いますけど、いつになったら一億円があたってくれるのでしょう。

いや、今度こそ当たるのだ。わはははははははははっ!

それはさておき、近所のダイエ−長岡店さんが2005年8月31日で閉店してしまうと、それまで利用していた写真の現像とプリントの、いえ、最近では高品質デジカメプリントの55ステーションさんもなくなってしまいます。いつも利用していた自分にとってはとても困るのでありました。

写真のプリントはどこでも同じと思うなかれ。お店によってプリントの仕上がりにちがいが出ることもあります。プリント代金が安いところもありますが、薄いぺらぺらの安い印画紙を使っていて、しかも仕上げが雑だったりすることもあるので、基本的に自分は利用しません。安いものには安い理由があると思い知らされましたから。

自分は安いものは悪いものと断言するつもりは一切ありません。そうではなく、安くするためには材料にかかる経費を抑える、手間をかけないようにするなど、何かしら工夫している部分を、自分が納得できるかどうかの問題だと思います。なので写真のプリントに限らず、何事も安い理由を知りたいと自分は思うのでありました。

写真をプリントするときはある程度の期間は保存することになると思います。だから、保存することを考えて、しっかり見極めませんと。安い代金につられてプリントをしていただいたお店の写真の仕上がりが良くなかったことが多かったので、写真については「安い」プリント代金に惑わされないようにしております。

とはいっても、最近はフィルムカメラで写真撮影をしてもフィルムの現像のみをお願いして、プリントはしないことが多くなりました。フィルムの現像をしていただければ、あとはスキャナで読み取ってMacに保存することが最近はほとんど。それで事足ります。しかし、それも手間がかかるので、ほんっっっとうはデジタルカメラが欲しいのです。

今度こそ当たれっ!いつでもよろこんで出迎えてあげるぞ。一億円! いや、三億円っ!!!

見附イングリッシュガーデン2018年五月

イングリッシュガーデンに咲いていた色鮮やかなパンジー。

当サイト内のコンテンツ(文章、写真やイラストカットなどの画像、素材、FLASH)の著作権は作者に帰属しております。無断掲載、無断利用、コピー、複製、二次利用はお断りいたします。

まるちimageまるち話
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作