まるち話「パソコンの内臓時計」デザイン、写真、イメージ製作まるちimage

MacやWindowsのパソコンのハードウェアに内臓されている時計とプロバイダー

まるちimage
まるちimageまるち話

パソコンの内臓時計

Color+いろいろ:2005年2月12日(土)

WindowsもMacもパソコンのハードの中に時計が内臓されていると思います。デスクトップ画面の端っこのほうに時計が表示されておりますが、その時計は放っておくと、いつの間にか時間が進んでいることがありませんか?

以前に地元のプロバイダーさんとメールでやり取りを行いました。そのときにそのプロバイダーさんからの返信メールの中で「○○様(自分の名前)のパソコンの時計が40分ほど進んでおりませんか?」などと書かれているのです。

それを読んだとき、アバウトな自分は「なんだ?この人は?時計が進んでいることくらい気にするなよ〜」と思いましたが、それは押さえて、「ご指摘をありがとうございます。うっかりしておりました。」などという内容で返信をいたしました。

自分はパソコン画面の時計はほとんど気にしません。また仕事に支障のないものは基本的に適当ですから単純に驚いた出来事です。しかし、気になる方には、気になるものなのでしょう。「直ってないですよ!」などと突っ込まれるのもおもしろくありませんので、めんどくさいと思いつつ、そのときは時間を正してから返信メールを送りました。

余談ですが、そのプロバイダーさんは、社員二人と社長一人の零細企業でした。しかし、ある日何の前触れも無く、社長さんが突然行方不明になってしまったではありませんか!

プロバイダーさんですから、企業や一般の方の会員さんもいたわけですが、残された社員のお二人は、お客さんへの対応などかなり大変だったらしいです。

社長さんは一ヶ月後くらいには戻ってきたようですが、結局その会社は倒産となりました。社員二人の方は再就職先を探さなければいけません。しかし、お一人は既にネット上で毎月数万円単位で稼いでいらっしゃったようで、そのままフリーとなりました。実際にその方の運営するサイトのアクセス数は一日で二万〜三万なんて普通でしたから、毎月万単位で稼げると納得。

もう一人の方は再就職先を探しておりましたが、その後どうなったのはわかりません。サーバー構築とシステム管理の知識と技術があるわけですから、どこかでやっていけるでしょう。

いやはや、世の中にはいろんなことが起こりますし、いろ〜んな人もいるものだと思いました。

見附イングリッシュガーデン2018年五月

イングリッシュガーデンの出入り口。リヤカーのお花もかわいい。

当サイト内のコンテンツ(文章、写真やイラストカットなどの画像、素材、FLASH)の著作権は作者に帰属しております。無断掲載、無断利用、コピー、複製、二次利用はお断りいたします。

まるちimageまるち話
まるちimage+写真・デザイン・イメージ製作