まるちimage+デザインのお仕事業務案内+Webデザイン・グラフィックデザイン・ビジュアルイメージ・素材・ホームページ制作事務所ホームページデザインサービス

二月の呪いと解放された喜び

二月といえば、バレンタインのチョコレートのことで一喜一憂したり、そわそわと落ち着かない人がいらっしゃるかもしれません。

ちなみに自分にとって二月というのは、確定申告という呪われた季節。呪いというのは大袈裟かもしれませんが、確定申告書を提出するまでは、毎日が憂鬱で憂鬱で仕方がありません。人生、お先真っ暗な気持ちになってしまいます。

しかし、それでは何かとよろしくありません。というか、本業の仕事に身が入らなくなってしまうではありませんか。

なので、二月になったら、なるべく早く確定申告書を作成します。けれど、毎年のように、わからないことが出てきてくれるため、税務署の無料の申告相談会場に足を運び、専門家さんのお話を伺いながら記入をしています。そこで提出をすると、日付け入りの判子を捺していただけますし、その判子欲しさに足を運ぶところが自分にはあるのでした。

ちなみに、パソコンで書類の作成もできますが、その入力がとっても苦手な自分。確定申告書の作成は手書きのほうがいい。たとえ悲しいほど字が下手であっても。まちがいが多く、訂正印がたくさんあっても。美しさが欠けて、ごちゃごちゃした書類なのは気になりますが、呪いから解放されれば、そんなことはどうでもよくなってしまう自分。

そして、提出完了。これで確定申告の呪いから解放されました。やったーーーっ!俺様は自由だ−っ!

自分の在住しているところは雪国です。世間の皆様も冬ごもりをされるのでしょうか、自分に限っていえば、二月はそれほど忙しくありません。だけど、いろいろと準備をしていたほうがいいと思う二月。

申告相談会場から戻ってメールのチェックをすると、お仕事の依頼がありました。なんとも良いタイミングで提出をしてきたものです。今のうちに終わらせておいて良かった。自分の読みはまちがえていないぞ。素晴らしいーっ。

と、呪いから解放をされた喜びと、自身の読みの素晴らしさに感心をしつつ、お仕事です。

春の前に訪れる憂鬱な確定申告 »
2012年3月2日(金)更新 確定申告の関連作文

-

このページの上へ

まるちimage+グッズ発売中

まるちimage 写真とデザインのスタジオ