まるちimage+デザインのお仕事業務案内+Webデザイン・グラフィックデザイン・ビジュアルイメージ・素材・ホームページ制作事務所ホームページデザインサービス

習字で書いた「地方自治」に動揺

知人の息子さんが書いた習字を見せてくれました。

しかし、そこに書かれている「地方自治」の文字を見て、思わず「うっ。」と、言葉を失い、声がでなくなってしまった自分であります。しばし硬直状態。

そして、その息子さんに近くにいたお父上さんは、地方自治の文字を見て「夢がないなー。」と、一言。

声が出なくなってしまった自分は、同意をすべく、思いっきり「うん。うんっ!」と首を縦に大きく振ってうなずきました。地方自治なんて夢もないし、書いてつまらないだけだと自分は思いましたから。「地方自治」と習字で書かせるなんて、教育現場のセンスが悪いと自分は思わずにいられません。

だけど、その息子さんは習字が好きみたいですし、たくさん練習をして書いた文字です。だから、どんなことでも否定っぽいことを言うのは避けたかった。それに字は上手だと思ったので、「上手だね」と言おうと思ったのです。

しかし、その「地方自治」という言葉を良く思っていないこともあって、あっさりと動揺してしまい、言うべきことを言えなくなった自分。おまけに本音を隠すこともできず、なんて軟弱な自分でしょう。侮れない「地方自治」の破壊力!

その後、お父上さんの夢がないという一言に、その息子さんも共感をしたのでしょうか、○○○○がよかった、などとおっしゃっており、親子の会話を自分は聞いておりました。それはいいと思うけれど、「書くのは難しそう」と言ったら、その息子さんは平気そうなお顔をしておりましたっけ。おおーっ。なんか頼もしいぞ。

なんだかいろいろな意味で、その息子さんが普通にすごいと思ってしまいました。そして、「地方自治」に動揺してしまう自分は弱くて情けないと思ってしまった出来事であります。

-

このページの上へ

まるちimage+グッズ発売中

まるちimage 写真とデザインのスタジオ