まるちimage+デザインのお仕事業務案内+Webデザイン・グラフィックデザイン・ビジュアルイメージ・素材・ホームページ制作事務所ホームページデザインサービス

恥ずかしい過去に再会

2013年が明けてから、それまで忘れていた恥ずかしい過去を、たまたま見つけてしまいました。それは数年前の、あるブログさんのコメント覧のことです。

その頃は、SNSのm○xiさんが注目されていて、それが何なのか、全くわからなかった自分。その頃のm○xiさんは「招待制」となっており、自由に登録はできません。誰かに招待をしてもらわなければ、登録もm○xiさん内の観覧もできませんでした。m○xiさんとは何?と、知りたいけれど、招待をお願いできそうな知人がその頃の自分にはいなかったのです。

そして、いろいろなブログを拝見し、たまたまm○xiさんにについ書かれた記事がありました。はじめて拝見をしたブログさんに対して、無謀な自分はその記事のコメント覧に「m○xiさんに招待をしてください」と書き込みをしたのです。

そのブログ運営者様のはコメント覧には、お断りの返信がありました。自分としては残念でしたが、お断りされることが普通のことと思いますので、それはそれで納得はしてました。

自分の無謀というか、図々しくて迷惑な書き込みだったかもしれないのに、むしろ丁寧なお断りの返信をしていただけたのではないでしょうか。自分が馬鹿で無謀でも、相手の人次第で揉めずに済んだと思います。

そんな自分の馬鹿で無謀で恥ずかしい書き込みから数年経っておりますが、それが、今もしっかりと残っているではありませんか。それを久しぶりに見つけてしまったのです。

消してしまいたい恥ずかしい過去だというのに。おまけに削除をお願いしたくてもできない現状なのであります。

今はブログのコメント覧への書き込みをしてしない自分ですが、以前は毎日書き込みをしていた時期があり、たくさん書き込ませていただきました。それを楽しいと思っていた時期。

自分で書き込んだこととはいえ、消してしまいたい書き込みがあったりします。思い起こせば、恥ずかしい過去があちらこちらにたくさん残っているではありませんか。なんということでしょう。

そのようなこともありましたし、それ以外でもいろいろあって、今はブログのコメント覧への書き込みはしません。また、自分の現在運営中のブログでも、コメントの書き込みを不可にしています。

ブログのコメント覧への書き込みがあるブログさんは、楽しそうでいいと思います。しかし、書き込めない自分。気が変わって、またいつか書き込みをする日があるかもしれませんが、とりあえず恥ずかしい過去が削除される日を願う自分でありました。

それにしても、なぜ、このような恥ずかしい過去を今さら見つけてしまったのでしょうか。無謀さと好奇心を思い出しなさいということなのでしょうか?

-

このページの上へ

まるちimage+グッズ発売中

まるちimage 写真とデザインのスタジオ